スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院に入って1年が経った

修士2年になった.

自分が編入したのが学部3年だから,編入して既に3年経つとは……早いものだ.

このブログも5年たったのか……



いま,私の同期は就活真っ盛りである.ほとんど大学に来ていない.

私はというと,毎日大学に来ている.来なければいけない理由がある.


「学振」である.正式名称を,日本学術振興会特別研究員.

全国の博士課程の学生が経済的に,キャリア的に求めている肩書だ.

倍率は年によっても変わるが,約4倍.4人に1人は採用される.

採用されれば,特別研究員となり月20万円(課税対象)を受け取る.

もちろん誰もが採用されるわけではなく,A4サイズ7枚ほどの申請書を仕上げなければならない.

分野外の人にも見やすく,分かりやすくだ.これが難しい.きれいな図も作らねばなるまい.

論文にせよ,申請書にせよ,私はモノを書くのは基本的に好きなタイプである.書いて埋めるなら数日で終わる.

それ自体はつらくない.むしろ自分の意見を書くことは楽しい.これは私が博士を志す動機の1つでもある.

しかし1番つらい時は,それらを先生へ添削を依頼し,厳しいコメントをもらうときだ.


「意味が分からない」「文が曖昧すぎ」……


先生も,私のことを,文が少しでも良くなることを考えてくれているのは分かっている.

しかし,凹む.

そりゃあ凹む.

慣れない中,数日間かけて仕上げた,申請書をバッサリいかれたら凹む.


いま現在は,そんな凹んでいる最中である.

気分転換でもしたいが,月末の締切まであまり時間がない.

逃げても終わらない,自分がやらねば終わらない.

夢に申請書が出てきて,夢でも考えている.これは神経質だから仕方がないことかも.

絶対に採用されたい,その気持ちが強すぎるのも,あまり良くないことなのかもしれない.

でも,後悔はしたくないから,つらくてもやるしか無いんだな,とこのブログを書いていて改めて認識できた.

自分の気持ちを文字に起こすことは大切だ.



学振の申請が終わったら,何をやりたいか,考えてみる.

楽しいことを考えよう.

うーん,学会の準備,スライドの作成,論文投稿かな・・・・・・

やりたいことが研究関連なのはどうなのか.

研究者の資質があるとして,はたして喜ぶべきなのか.



学振の結果は半年後だ.

そのとき私は笑っているだろうか,それとも.




高専の同期も,学部卒の友人も,このブログを見てくれている人も,社会人として立派に働いているという事実.

私も,ここが正念場だ.

お互いがんばろう.


      編入試験勉強軌跡コチラ
1.
スポンサーサイト

大学院に入って半年

ご無沙汰しています。

前回のブログから半年、息絶え絶えのこのブログにも、いまだに訪問者が来てくださっていることに驚く。

編入して3年目、はたして編入学希望者にとって役に立っているのか分からないけど、ブログは残しておこうと思っている。

というのも、ある編入学ブログが閉じる旨の記事を目にして思ったのだ。

私は生きた証を残しておこうと。

生きた証、って人によっていろいろだろうけど私は自分の考えを少しでも共感してもらうことだと考えている。

それがたとえ私の死後でも、そうならいいなあと。

東北大学に通った、ただの某としてではなく、人の人生に影響を与えるということが、生きた証に繋がるのではないだろうか。

また、私は独身を貫くと決めている。まあ、理由はいろいろある。 だからこそ、生きた証は大切だと思っている。

そして、進路として修羅の道(一般的に後期博士課程と呼ばれる)を選んだ。

この夏に大企業のインターンシップをして、社会に、給料に、正直未練はある。

だけど、私が編入学したのは、ビッグな研究をするためではなかったか。

研究室の環境(人・設備)にも恵まれている。周りの人も向いていると言ってくれる。

そしてなによりも、博士は、カッコイイと思う。

だって、Doctor of Scienceだぞ。

これよりカッコイイ資格を、世界的ライセンスを、私は知らない。

もちろん、本質は、(白衣が好きという点もあるが)自分の生きた証を残せる点がカッコイイ。

論文は永遠である。

それは私が、100年以上前の論文を引用するときにも実感している。

いまから100年後に、私は後世に何をハッキリと残せるだろうか。

それは私の名前が記された論文、研究、発表だろう。

この半年で、私は、第一著者で国際的ジャーナルに2報の論文がアクセプトされた。

その道程は、とても辛く、何度も逃げ出したく、研究に向いていないと何十回も思ったものである。

でも、出来た。

論文を出せた。

それはきっと、英語力が低くても、数学に自身がなくても、論理能力の悪さをヒシヒシと感じても。

私は研究者になりたいのだ。

この決断で、生涯年収は少なくとも数千万円減少した計算になる。

もし結婚をするなら、30代確定である。親戚一同にも顔を合わせづらくもなる。

ひょっとしたら友達とも疎遠になっちゃうかもしれない。国民年金とかも地味に辛い。

だけど。

私は論文を書いて生きていく。

修羅の道(一般的には後期博士課程と呼ばれる)のゴールで、博士号という参加賞を頂いたその後は。

"妥当な"研究所なり、アカポスなり、企業なりに就職するのだろうと思う。

博士号をとってからも、大変辛そうだ。この道はホントにオススメできないし、気軽に選べるものではないなと思う。

だけども、悲観ばかりしているのではなく。

博士は自由である。

厳密には、学問が、科学の世界は無限である。

だからこそ、博士は自由である。

同じモノカキである小説家とは違って、想像ではなく論理的に書かなきゃいけないけど。

何をしても、何も書いても良いのだ。

それって、法律ルールばかりのこの社会では魅力的だ。できれば社会に貢献できればいいんだけどね。

それで、自分が食べれれば幸せかなあと。最悪、博士があれば外国にも行けると思う。博士号のもとには国境がないのだ。

というわけで、私は自由人になります。

心が折れない程度に、がんばります。



      編入試験勉強軌跡コチラ
1.

お久しぶりです

約半年ぶりの更新です.

更新頻度激低過疎ブログデビューですね.

さて,無事,大学院生になりました.

引き続き仙台で生活していきます.

卒論の話をするには,ちょっと時間が足りませんが,まあ満足するものが書けたなと.

今は投稿用の論文を書いてます.

土日返上の生活が続いてます.

かつて苦手だった英語で書いて,研究室の留学生とは毎日話しています.

変わるものですねえ……

変わったといえば,地学系編入は2年次になるそうで.確か去年の秋にそんなニュースがありましたね.

私が編入してから高専生が地学系にきてないのでちょっとさみしいような.

他学科の編入生と会う機会は皆無ですし.

ただ,来月には高専会新歓もあるみたいで.

時間と需要があれば行こうかな.

もし行く人がいたら教えてください.

      編入試験勉強軌跡コチラ
1.
Calendar
Profile

こさいん

Author:こさいん
高専での専門は土木系。
在学中の平均順位は18位。
高専5年生にてオーストラリアへ8ヵ月間の語学留学(休学)→留年
その後,東北大学理学部に合格しました。
編入勉強をした毎日の記録や生活の軌跡を残したブログとなっています。
過去の記事はURLの数字を適当に変えてご覧ください.

多くのご声援、本当にありがとうございました!

2012/03/07…ブログ設立
2013/09/19…編入試験合格
2015/01/01…ブログ再開
2015/08/03…大学院合格

現在,不定期更新です.

QRコード
QR
Link
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。